コロナ禍の今、出会い系はワリキリ女が急増中!

本当にコロナ禍によって、色々なことが変わってしまいましたネ。

街に出ても人との距離感が違ってきました。ラーメン食べるにしてもカウンターで一席あいていないと座る気にもなりません…。

もちろん男女関係についても変わってきてますし、出会いに関しても変わりつつあります。

コロナ禍で収入減の女性が増えています!

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの暮らしは大きく変わりました…。

勤務先が休業してしまうと支給額が減ってしまったり、最悪…失業など、家計への影響は膨らむばかりです。

休業やリストラで収入が減って、生活がピンチに陥る家庭が急増しているんです。

10万円の給付金なんか、あっというまに無くなってしまいます。

家賃や光熱費の支払い猶予がないとき、焦って消費者金融やクレジットカードのキャッシングを使っている主婦や一人暮らしの女性も多いとか…。

コロッケ主婦も急増中~

出会い系サイトにも変化の風が…!

もちろん出会い系サイトにも変化があらわれています。

出会う前にリモートで話をしたりしてお互いを確認しあったりして今までとは変わってきています。

でもそれだけではないんです…。実はもっと深い部分で変化があるんです。

それは…、「ワリキリ」です。

出会い系に登録する女性が増えて、しかも「ワリキリ」らしいコメントが多く見受けられます。

今このタイミングで「ワリキリ」…。

やはり、収入が減って生活がピンチになっているんですネ。

コロナ禍に出会い系サイトの風に乗る!

では…どういうふうにしたら良いのでしょうか?

「ワリキリ女なんか興味ない、あくまでもセフレを探しているんだ!」そういう人もいるでしょう。

でも、ちょっと待って下さい。

収入が減って生活がピンチになっている女性が…慣れないワリキリをしているんですよ。

まずは、パパ活する心づもりで会ってみてはいかがでしょうか?

その後の展開は、あなた次第です。ずっとパパ活するか、それともセフレ化してしまうか?

はっきり言って今この「コロナ禍」…災い転じて福となす…
人の不幸をチャンスに変えるのは忍びないですが中々ないことです。

それならこれから出会い系をはじめてみよう、そう思った方もいると思います。今まではダメだったけどもう一度チャレンジしてみようかな~と思っている人も。

今このタイミングで出会い系をスタートしてみませんか。

まずはやはり出会い系サイトに登録することから始めるべきですね。登録しないことには何もスタートできません。

そこで問題になってくるのが、どの出会い系サイトに登録したら効率よくワリキリ女を探すことができるかですネ。

でも何故マッチングサイトではなく出会い系サイトなの?

今一世を風靡しているのは「マッチングサイト」。では何故マッチングサイトをつかわないの?という疑問が出てくると思います。

マッチングサイトは、サイト内の監視が厳しく。ましてや既婚者は登録できません。この状態だと女性もワリキリをするには非常に難度が高いです。

でも、出会い系サイトは既婚者も登録できます。しかもマッチングサイトよりも、ちょっとユルイのでワリキリが出来てしまうんです。

なので今再び、出会い系サイトが熱いんです。

ワリキリ女を探せるお勧めの「熱い出会い系サイト」

出会い系サイトのほとんどは、マッチングサイトと違って月額の定額課金ではなく、ポイント購入の課金方式がとられています。登録は無料。しかも初回は無料でポイントを貰えるところがほとんどです。

その無料ポイントを使って登録女性の写真を見たり使い方を覚えたりすることができます。

使い方を覚えてしまえば、後はやる気次第でワキリキ女と出会えてしまうんです!

登録無料で無料ポイントをもらえる「熱い出会い系サイト」を紹介します。

「ワクワクメール」で大人の出会いを!

ワクワクメールは、登録無料の365日24時間電話サポートで安心・安全に楽しめる老舗出会い系サイト。日本最大級の会員数650万人超!日記やつぶやきやチャットを活用することでコスパ良くエロ女子と仲良くなれます。ワクワクメールでセフレや彼女をサクッと作ってください。会員数も多いので地方でもシッカリ出会えます。もちろん既婚者でも出会えます。

「ハッピーメール」で清楚系女子と出会う!

日本最大級の会員数!だから全国各地どこででも出会える優良の出会い・恋愛マッチングサイトです。清楚な女性から淫乱な女性まで幅広く出会えるのが「ハッピーメール」。全国各地であなたのライフスタイルに合った素敵でエッチな出会いが見つかります。

「PCMAX」で婚外恋愛を!

創設15年以上の健全な運営実績で参加会員数1300万人を超える国内最大級の優良出会い系マッチングサイトです。日々、恋愛や恋活に積極的な女性がサイトを利用しているので、職場や日常生活の中で出会いがない人、若いセフレを探している人にお勧めの出会い系サイトです。

「Jメール」は肉食系出会い系サイト!
40

スケベな人妻をゲットしたいなら、肉食系出会い系サイトの「Jメール」をお勧めします。人妻のテクニックを堪能したい!他人の女に興味がある!日常では味わえない趣味嗜好をかなえたいそんなあなたにお勧めな出会い系サイトです。

 

浮気妻の体験談

下着が派手になった妻…疑っていると…

私30歳、妻28歳。
結婚して1年経ちました。
そろそろ子供でもと週3回ぐらい中出しセックスしています。

妻の経験人数は、私を入れて3人だと結婚する前に妻から告白されました。
それと私と婚約する前に彼氏がいた事や、妊娠して彼氏との子供を堕ろした事があることも正直に告白してくれました。
私は妻を愛していましたので、過去の事は気にしないで良いからと私がプロポーズし、無事結婚しました。
しかしここ最近、妻の下着が派手になり、携帯もロックを掛けています。

少し前、妻の会社の1泊慰安旅行がありました。
妻の変化に気が付いたのも旅行から帰って来た後でした・・・。
まさかこんな事になってたなんて・・・。

妻の勤めている会社はなかなかの中堅企業で、妻は事務のOLをしています。
結婚式には妻の上司や同期の女の子が沢山出席してくれたのを覚えています。
妻の同期の女の子、独身で仮にA子としておきます。
A子さんと私は何回か会った事はありますが挨拶するぐらいの仲でした。
妻が留守の時、家にA子さんから電話があり、妻は留守だと伝えると、A子さんは私に用事がある様で何か言いたげでした。
私は最近の妻の様子が変なので、もしかしたら妻に何かあったのかと心配になりました。

ちなみに妻は身長165cmで巨乳です。
少しポッチャリですが決して太くなく、ちゃんとくびれもあり顔も美人な方です。

私はA子さんに、「妻に何かあったのですか?」と質問しました。
A子さんは、「今は言えません。でも渡したい物があるから・・・」と言うので近所の駅まで受け取りに行きました。
A子さんは私にDVDを渡しました。

家に帰ってDVDを観ました・・・。
まず妻の会社の部署の慰安旅行の宴会の模様が出ていました。
結婚式で見た事のある妻の上司や社員さんが30人ぐらい居ました。
みんな少し酔っているみたいです。
カラオケで歌っている人やコンパニオンとじゃれているお偉いさん(?)などが順番に映されています。

次に妻が映りました。
浴衣姿でなぜか生脚が露出され、白いパンティーがモロに見えています。
私はビックリしました。
妻はノーブラなのです。
撮影者の男が豊満な胸の谷間をアップで映しています。
少し乳首が見えています・・・。

「◯◯さん(妻の名)、撮ってますよー」と聞こえ、妻が「キャー恥ずかしー」と乱れた服装を直しています。
相当酔っているようでした。

とりあえず宴会の場面が終わりました。
A子さんは写っていませんでした。
私はお酒の席だし、妻の痴態も、何だこのくらいならと安心していました・・・。

場面が変わりました。
ホテルの部屋の中みたいです。
妻が浴衣姿で椅子に座っています。
カメラは固定されているようでした。
妻は俯き、グッタリしている様子です。
社員の男が妻を介抱しているみたいでした。
ところが急に男が妻に抱きつきキスをしています。
妻は、「キスだめえー」と言いながらも自分の舌を男の舌に絡めています。

男が浴衣の隙間から手を差し込んで妻の胸やお尻を触り出しました。
妻は、「触らないでー、もう独身じゃないから無理」と言いながらもハアハア興奮しています。
妻も感じているようでした。
とうとう男が自分の肉棒を妻の口の前に差し出しながら言いました。
私のより大きいです。

「人妻のフェラテク見せてよ。結婚する前はあんなにセックス好きだったのに。毎日休憩室でフェラしてくれたでしょ?」などと男に言われています。

私はすぐに、こいつが妻の元彼だと理解しました。
場面が変わり・・・、妻が凄い激しくフェラをしています。

ジュボ、ジュボ、ジュボ・・・。

男が妻のおまんこを舐めながらカメラに向かってこう言いました。

「旦那さん見ていますか?貴方の奥さん超淫乱女デスヨー。今でも毎日、会社でこんな事していますよー」

妻はカメラの存在に気が付いていないようで、相変わらず激しいフェラを続けています。
こんな激しいフェラ、私にはしてくれた事が無いです。

男が「旦那のとどっちが良い」と聞くと、妻は「こっちが良い、早く欲しい」とおねだりしてしまいました。

男が妻のおまんこに指4本ぶち込んで掻き混ぜてます。
ビチャグチョビチャと大きないやらしい音がしています。
妻のおまんこは洪水状態でした。
妻は自分で小陰唇を拡げて、「早くここに挿れて、おちんちんで掻き回してー」と叫んでいました。

また場面が変わりました。
たぶんカメラアングルの変更の都合でしょう。
今度はバックで突かれています。
妻は、「凄い奥に当たるー、気持ち良いー、イキそうよー」など喘ぎ狂っていました。
その後は騎乗位や正常位等をして、最後は中出ししていました。

私は妻にDVDの事を言えず、悶々としていました。
昨日、妻とのセックスの最中、私は妻の中にペニスを突き入れながら、「愛してるよ・・・本当に愛してる」と優しく言いながら妻の子宮に精液注ぎ込みました。
ふと見てみると、妻の顔は涙で濡れていました。

私「どうしたの?」

妻「ごめんなさい、私、貴方のこと裏切ったの・・・元彼とセックスしたの・・・」

妻は泣きながら話してくれました・・・。
私は興奮を隠しながら優しく妻に言いました。

「怒らないから全部話してごらん」と。

妻は泣きながら元彼との事を全部話してくれました。
元彼Kとは会社の同期入社で知り合い、交際が始まりました。
妻は美人で会社の中でも人気者だったらしく、既婚者の課長や部長までもが交際して欲しいと声を掛けてきたそうです。

妻は22歳まで処女だったそうです。
つまりKが妻にとっての初体験の男です。
妻の話によるとKはセックスのテクニックもあり、そのうえ巨根で、妻は完全にKの虜になったそうです。
普通に男女交際していたのは最初の3ヶ月位までで、会社の中で昼休みとかに毎日、屋上でフェラさせられたり、トイレの中でセックスしたりしていたそうです。
Kはかなりのスケコマシで、会社の綺麗どころはみんなKに嵌められているらしいです。
妻もKに4年程肉便器にされ、1000回以上Kに嵌められたと言います。
そして妻のアソコが緩くなると、Kは新入社員の女の子に走り、妻は捨てられた形になりました。

妻がKに「別れたくない」と言うと、Kは妻に「お前のガバマンはもう飽きた」と言われたそうです。
それがきっかけで妻は自暴自棄になってしまい、既婚の禿げ部長とも関係を持ってしまったそうです・・・。
それが妻の2人目の男です。

私は、「A子さんはKと関係したの?」と妻に聞いてみました。
現在A子さんはKと交際中らしく、なぜDVDをA子さんが私に見せたのか解りました。
恐らく妻にKが盗られるのを心配したのでしょう・・・。

2年前に私は妻と知り合い、去年結婚しました。
その結婚が決まった頃、Kが妻によりを戻したいと言って来ましたが、妻はきっぱり断ったそうです。
しかし妻の弱点を全部知っているKは、妻ともう一度セックスするチャンスを窺っていました。
それが社員旅行だったのです。

妻はお酒に弱く、すぐ眠たくなって気が緩んでしまうところがあります。
妻が言うには、Kとの初めてのセックスもお酒の席の後で、妻が泥酔状態のまま処女を失った形になったと告白しました。
Kは今年の旅行の幹事でした。
ビデオ係を自ら買って出たのも、妻を自分の物にするための計画だったのでしょう。

私「結婚前に話してくれた、子供を堕ろしたっていうのも彼との・・・?」

妻「うん、そうなの。結婚してくれると思ったの。でも妊娠がわかった途端、彼が冷たくなったの・・・」

本当に酷い男です。
私は妻の頭を優しく撫でながら、「正直に言ってくれてありがとう」と言い、少し意地悪な質問をしました。

私「2年ぶりのKとのセックス、良かった?」

妻は少し驚いた表情を見せ、目を伏せました。
妻は私に、「怒らない?本当に怒らない?」と何度も確認してきました。

私「怒らないから全部話して」

妻「貴方ごめんなさい。最近もフェラだけは会社でしてたの・・・。交際してる時のエッチな写真が今頃出てきて、それをネタにされて脅されたの・・・」

私「酷い奴だな。で、旅行の時はどうだった?」

私のアソコは興奮して射精したばかりなのにもうビンビンです。

妻「うん、凄く良かったの・・・。彼の大きいのがアソコに一杯に入ってきたの・・・。奥の奥まで突き上げられて何回イッたかわかんない」

私「私と、どう違うの?」

妻「怒らないでね・・・。本当はね、私ね、奥が感じるの。子宮口を硬い亀頭でグリグリされるのが好きなの。彼の大きいのを見た時、もう我慢できなくなった」

私「私のじゃ感じない?」

妻「感じるけど・・・彼と感じ方が違うの・・・。凄いの、子宮が壊れちゃうぐらい大きいの」

私「中出しされたの?」

妻「うん、何回もされた・・・」

私「妊娠大丈夫?」

妻「たぶん・・・生理前だから大丈夫」

私「また彼としたい?正直に言って欲しい」

妻「うん忘れられない、初めての男だから・・・。でも、愛してるのは貴方だけなの!本当よ!」

私「うん、わかった」

妻「どうする?離婚したい?」

私「私も愛してる」

妻「うん、嬉しい・・・。貴方、入れて・・・」

妻がアソコのビラビラを自ら拡げて求めてきました。
私も出来るだけ妻の奥まで挿入して、子宮口に亀頭を擦りつけました。

妻「あん、貴方のいつもより大きい、気持ちい良いのー。もっと奥まで突いて、突いて・・・」

私「そうだ、お前は俺だけの物なんだ!誰にも抱かせない。愛してる、愛してる」

その夜、私は何回も妻の中で射精しました。
妻も満足したようで、もう元彼とはセックスしないと約束してくれました。

現在、妻とは仲良くしています。
DVDの事は妻には言わないでおこうと思います。
妻の寝取られの話に興奮して、自分のチンポがいつもより大きくなったのが幸いしました。

昨日の晩、妻とベッドの上でじゃれ合っていました。
妻の体をくすぐったりしていると妻も欲しくなったみたいで、私のアソコを口に含んできました。

妻「ファム、ジュボ、ジュボ・・・」

私「あー気持ち良いよ」

でも勃起しませんでした。
そうです、この前の妻のDVDの一件で私はED気味でした。
しかし、妻が欲しそうにしています。

私「そうだ、部長とのセックスの内容を話してくれる?」

そうです。
私は妻が寝取られて興奮する寝取られM夫に目覚めてしまったんです。

その部長というのは当時既婚で45歳。
そのとき妻は、Kに捨てられて自暴自棄になっていた26歳。
私は妻にまだ部長との不倫関係の内容を聞いていませんでした。
私たちの結婚式で祝辞を述べてくれた人です。

妻「今さら聞いてどうするの?また喧嘩になるでしょ」

私「怒らないから。お前の話を聞いたら勃起するかもしれないから」

妻「仕方無いから話してあげる。でも、もう揉めるのは無しよ」

そう言って妻はしぶしぶ話してくれました。

妻がKと別れた噂は当然部長の耳にも入ってました。
部長は妻が新入社員の時から狙っていたらしくて、妻がKを彼女にした時からKに対して厳しく当たっていたそうです。
Kと妻が別れたのをきっかけに、部長は妻に近づくためにこう言って来ました。

部長「太田君(妻の旧姓)、この企画は私と組んで進めるから、今から社用車で取引先に挨拶廻りに行こう」

仕事に託けて妻と行動を共にしてきたそうです。
事務職の妻が「そんな仕事無理です」と言うと、「今の時代、女も事務だけじゃ駄目だ。何でも経験だ、私に付いて覚えなさい」と言われ、職務命令なので断れませんでした・・・。
妻が部長と肉体関係を持った初めての日は、部長と組んで仕事を始めて10日目だったそうです。
取引先との接待に参加して、お酒を相当飲んだそうです。
目が覚めるとホテルのベッドの上で、すでに上着のボタンを外された状態です。

妻「ここはどこですか・・え!なんで下着が見えてるの?」

部長「太田君、大丈夫かね?気分が悪いというから開放してあげたんだよ、『胸が苦しい』って言うから緩くしてあげたんだよ」

妻「あ、ありがとうございます。・・・私、一人で帰れますから」

妻が立ち上がりました。
しかし、よろけました。
時部長はすかさず妻を後ろから支えました。

部長「おっと危ない、まだ酔いが覚めてないみたいだね」

妻「はい、すみません・・・」

部長は興奮して、「良い匂いだね、若い雌の匂いがする」と妻のうなじをクンクン嗅いでいます。

妻「部長駄目です。離してください」

部長「君の事が好きなんだ、わかるだろ?寂しいんだろ?」

部長の言葉に妻は何も言えませんでした・・・。
部長は妻にキスをしました。
激しいディープキスを5分以上したそうです。
部長のモノがビンビンに勃起しています。
大きさもKと同じくらいあるようです。
黒光りしています。

妻「部長の・・・凄い」

妻は自分から咥えてしまったそうです。
すでに2人とも全裸です。
シックスナインの形でお互いの性器を舐め合っています。

部長「太田君のオツユ美味しいよ、どんどん奥から溢れてくるぞ・・・」

妻「アン、部長恥ずかしいから言わないで、アン。部長の大きくて硬いの黒いの・・・」

部長「指3本簡単に飲み込んだぞ、生娘だと思っていたけどKに相当調教されておるな」

ギャバ、ギャバッ、ギャバッ・・・。

妻のおまんこは激しく部長に指マンされ、お汁の音が部屋中に響いています。

妻「イクー、そんなに激しく掻き回されたらおまんこイクー」

部長「イケー、イッてしまえ淫乱女」

次はクンニされています。
舌先でクリトリスを転がしています。

妻「だ、駄目クリ感じちゃう、出ちゃう、出ちゃうー」

妻はシャーシャーと潮を吹いてしまいました。
妻はもう部長の年季の入った指マン&クンニテクに、完全に溺れてしまいました。

部長「そろそろ味わってみるか。まあKのお下がりじゃ緩いんだろうけど・・・。欲しいか、これ?」

部長は妻の顔で黒光りしたモノを見せつけました。

妻「(小声で)挿れて欲しいです・・・」

部長「そうじゃ無いだろう、ちゃんとオネダリしないか」

妻「どう言えば・・・」

部長「こう言うんだ(中略)」

妻「Kさんに処女膜を破られて女にされて何百回もおちんちんで掻き混ぜられてユルユルになった私のガバマンコを部長の逞しいモノで慰めて下さい・・・。男に飽きて捨てられて欲求不満な雌ブタマンコに部長の子種汁を注ぎ込んで下さい」

部長「よし、よく言えた。ほら挿入するぞ」

妻は正常位の形で自分から大股開きになりました。

妻「早く下さい。お願いします・・・」

部長「先っぽが入ったぞ・・・おお、思ったよりキツい。太田君、良いおまんこじゃないか」

そう言いながらおちんちんの半分くらい出し入れしています。

妻「もっと奥まで下さい」

部長「半分だと不満かね?わがままな子だ・・・」

ズブ、ズブズブ・・・。

20cmクラスの男根が完全に妻の胎内に打ちこまれました。

部長「おおー、根元まで咥え込んでおる」

妻はあまりの快感に目が潤んでいたそうです。
それから部長にゆっくり男根をストロークされました。

部長「おっ、奥手前にコリッとした感覚があるぞ、子宮口か?」

部長は亀頭で子宮口をツンツンしていました。

妻「あん、そこ。そこのコリッとしたとこが感じるの、突いてー」

部長「そうかい、太田君はここが感じるのかい?」

妻「そうなの、そこのコリコリが、子宮口が気持ち良いの」

部長「Kにもここ突かれてたんだね?中出しもされたのかい?」

妻「そうなんです。妊娠もしたんです。でも捨てられたのー」

妻はとうとう誰も知らなかった堕胎の話まで暴露してしまいました。

部長「酷い奴だなKは。その代わり私が可愛がってあげる」

妻「はい、可愛がって下さい。もっとコリコリ突いてください」

部長「今度はバックでオネダリしなさい」

妻は完全に堕ちてしまっていました。
もう部長の物です。
妻がわんわんスタイルで言いました。

妻「私の大事な赤ちゃんを作る子宮の入り口のコリコリを部長の逞しいモノでいっぱい虐めてください。Kさんの赤ちゃん殺しちゃってごめんなさい、お詫びに部長の赤ちゃんを孕ませて下さい。今度は産ませて下さい!」

妻はもうすでに部長のオモチャです・・・。

パン、パン、パン!

部長の男根が妻に打ち付けられています。
妻は鼻水と涎を垂らしながら・・・。

妻「奥に来るー、子宮破れちゃう、コリコリ壊れるー」

部長「太田君はバック好きなのかい?」

妻「はい好きです・・・奥まで来るから好きです・・・もう駄目」

部長「そろそろワシも・・・どこに出して欲しい?」

妻「中に出してください、コリコリに一杯ぶちまけてください」

部長「行くぞー、ウッ」

ドク、ドプッ、ドプドプ・・・。

妻「部長の熱いのが注がれて気持ち良いのー」

それから朝まで何回も部長と交わったそうです。

妻の話はそれで終わりました。
私のアソコはビンビンに勃起しています。

私「部長と何回セックスしたの?」

妻は平気で「100回以上」と答えます。

私「妊娠はしなかったの?」

妻「部長はパイプカットしてるから・・・」

私「という事は全部生中出し?」

妻「そういうことになるわね」

興奮した私は妻を押し倒し、またもや妻の中でものの1分位で果ててしまいました・・・。
妻のアソコから出てくる精液を拭いていると妻が告白してきました。

妻「あのね・・・生理来ないの、ずっと・・」

私「え、おめでた?」

妻「うん、たぶん赤ちゃん出来たの・・・」

私「嬉しくないの?」

妻「貴方の子なら良いけれど・・・」

私「え、違うの?」

妻「たぶんKの・・・」

私「どういうこと?」

ショックでした。
妻の告白によれば、旅行の後も妻は慰安旅行でのセックスDVDをネタに脅され、Kとの肉体関係が継続していました。
それも全部生中出しです。

妻「ごめんなさい、ごめんなさい」

妻は謝るばかり・・・。
私はどうして良いかわからなくなりました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました