陰キャ(チーズ牛丼顔)の学生が、何人ものセフレをもつ男性になった秘密は?

「陰キャラは女性にモテない」「暗い性格の男は女性から見向きもされない」と良く言われます。
でも、暗いと言われている男性でも、女性と恋愛できるチャンスは十分にあるんです!!

そもそも、全ての女性が明るい男性好きとは限りません。
女子アナの水卜さんも「闇ある系の人が好きなんです。人生どうしたらいいんだろう…みたいな人に対して、『おまえ、大丈夫だよ』って言いたい(笑)」と発言してるくらいですからネ。

なので「自分は明るい性格じゃないから、女性に見向きもされない…」といった考えは断捨離しましょう!

陰キャ(チーズ牛丼顔)でも女性にモテる?

陰があって落ち着きのある男性は、年下の女性からモテる傾向が強いです。一定数の女性は、謎多き男に惹かれます。思いやりを求める女性から人気を獲得しやすいんですネ。

もしあなたが、チー牛(三色チーズ牛丼顔)だとしても…

【三色チーズ牛丼顔の特徴】

・煙草を吸わない・酒を飲まない・ギャンブルをやらない・低身長・実家・実年齢にそぐわず、中学生のような幼い顔つき・そして精神的にも幼い・覇気のない顔・アデノイド顔貌(口呼吸癖で口が出っ張ってる)・極度に度が強いメガネをかけている・メガネに指紋つきまくり・Twitterでクソリプや漫画の1コマを送りつける事を嗜む・ネットでは元気・母親が買った服・斜めがけのカバン・異臭を放っている・髪の毛ベタベタ

女性にもこんな感じの「陰キャ」はたくさんいます…。なので…

 

 

「陰キャ」の類語は「内向的」「内気」「人見知り」「引っ込み思案」「コミ障」

陰キャは、コミュニケーションをとるのが苦手で自分に自信がなくネガティブ…。人に気を使いすぎて、存在感が薄い…。

でも一芸に秀でてる人が多いんです。
ネットに強かったり、絵を描くのが上手だったり音楽が得意だったりします。大人になるにつれてその自分の強い部分を発揮できるようになります。

中学・高校 陰キャでも大学で変われる!

中学・高校って比較的に地元中心になるじゃないですか。
中学で陰キャ認定されてしまうと、中々その陰キャから脱皮できません。

クラスで一番見かけも中身も地味でカースト最下位だった男子でも、大学に入るとそんなこと関係なくなります。

まず、大学だとクラス縛りがなくなって自分で授業を選べるし、授業によってメンバーも変わるのであまり陰キャとか関係なくなってきます。

地方から都市部に出てきた人は特に陰キャから脱皮してキャラ変更することも可能です。だって知らない人ばかりですから…(笑)

それに別段陰キャだからって誰もあまり気にしなくなります。

陰キャは得意分野にトコトン強い!

陰キャ=オタクという図式があります。
オタクとは「ある分野に異常に詳しい人」とか「趣味に異常に没頭している人」といった意味があります。

オタクとは、興味関心あることに傾倒していて物事を突き詰めて考えることができるのです。

守備範囲も比較的ニッチな分野が多く、人や流行に流されず、好きなことに傾倒しているんです。”自分”という軸がしっかりしているんです。

オタクは「自分の興味のあるコンテンツ」について話したり、アクションしたりする習性を持っていて、友達は少ないのですが、共通の趣味をもつ友人とはやたらと話が弾んじゃうんです。

陰キャはゲームが大好き!

陰キャと言われている人々は、総じてゲームが大好きですよネ。
だから何でもゲーム化して考えてみたりする傾向があります。

そして、やり始めたらトコトンやり抜きます。

なので…

マッチングアプリや出会い系もゲームの一種ととらえて、トコトンやってみると面白いかもしれませんネ。

マッチングアプリでイイネの送り方を研究してみたり、出会い系サイトで独自の攻略方法を考えたりしてトコトンやってみるんです。

でも、リアルに会ったりしたら陰キャがバレて元も子もない…

そんなことはありません。

陰キャ好きの女性も特定数いるんですから、その陰キャ女性を掘り起こしてみるのも良いですし、趣味が同じ陽キャの女性と仲良くなっても面白いかもしれません。

実際にゲーム感覚でマッチングアプリや出会い系サイトを使ってセフレを作った陰キャがたくさんいるんです。

 

チー牛だってやればできるんです(笑)

 

サークルでの体験談

 

 

サークルの友人の彼氏と隠れてエッチする背徳感に…

大学が同じで、サークルが同じの、

20歳の高志と聖子ちゃんは恋人同士です。

サークルは宇宙研究とロマンティックな名前で、

昨年の冬にはハワイ島のハレアカラの山頂にまでグループ12名で行きました。

その時に、真夜中にホテルのビーチを散歩していて、高志に誘われたのです。

聖子ちゃんの彼と知っていて、

それに応じたのは小悪魔的な感じで奪いたかったのです。

その時はキスされて、胸を触られて、

ショーツの下からマンコを触られて、

私は彼のペニスを舐めさせられました。

流石に性交は抵抗があり、オアフ島の夜に期待しました。

高志と聖子は相変わらずラブラブで、

いつも手をつなぎショッピングや観光地でも同じでした。

私は彼の陰茎を舐めたのですよ。

ある時に女性全員で、オアフ島観光で島巡り12時間の旅に出かけました。

私は生理が始まったからと参加しませんでした。

と言うのは夕べ、高志から明日逢おうよと携帯にメールが入ったからです。

みんなに「残念ね」と言われていましたが、私は胸がドキドキでした。

私は聖子以外の人との相部屋でしたが、高志が朝の10時頃来てくれました。

直ぐに抱きつき、明るく太陽の燦燦と入る部屋でお互いに全裸になり抱き合いました。

高志は、私のローストビーフを広げたような秘部のたたずまいに見入っていました。

アソコは潤みが走り濡れています。

唇を当てて切れ込みを舐めだしました。

私は片方のひざを立てて座り、彼の目前で大胆に太股を開きました。

彼の黒々と隆起した陰茎に取りすがり、真っ赤なルージュの唇に飲み込みました。

グランスの先からチンポ汁が流れ出しています。

それを茎や、玉袋に刷り込んで揉みました。

初めて愛撫される性器は、

左右の花びらが自然に捲れて桃色の内側が露わになりました。

愛らしい肉粒を指で擦り、宮殿の入り口もはっきりと迎かえる準備をしています。

透明な愛液が太陽の光を浴びて、キラキラと光っています。

「そろそろ入れるよ」

トロッと粘性のある潤みのある淫烈に、欲棒の先端をあてがい、

告げた直後に一気に奥まで挿入しました。

「あうう~」改めて根元まで巨砲が埋め込まれると、

私はカエルが潰されたような声を出してわななきました。

子宮頚部の辺りまで、亀頭冠部が達し、

私の膣は思い切り広げられたので、思い切り締め付けだしてやりました。

「アア麻余のマンコは最高だよ。聖子より数倍いいね。」

と感激的な言葉を言われると、ますます締め付けます。

「アアアダメだよ」と彼。

「ウウウンン~、いいね~、中出ししてもいいよ~、ピルを飲んで準備済みだから」

と私。

お互いにアクメの瞬間が突然やって来ました。

「アアアアアア、イクよ~、イクイクイクイクイクイク」と

身体を弓なりにさせて、乳房を押し付け、両足を彼の腰に巻き付けて、

グイグイとぶつけて一緒にイキました。

彼もガクガクと腰を震わせてエクスタシーを感じているようです。

1時間で5,6回のアクメを体感しました。

突然枕もとの携帯に電話のベルがが入りました。

暫らくは抱き合ったまま、ほって置いたのに余りに鳴るので出ました。

「どう元気にしてる」と聖子の声です。

まさか今彼とマンコした所だよとも言えず、シャワーを浴びてプールにでも行って、日光浴でもしようかなと言いました。

「そちらに高志が行っていないかな」と彼女、やはりカンは鋭いです。

「来てないよ、一緒じゃないの」と恍けます。

聞いている高志は「だからオンナは恐いんだよな」だって。

じゃあいま高志と、マンコしてますと言えばよかったのと問い詰めました。

「まあそう言うわけじゃないけど」とまた指を陰部に入れて、

濡れてベトベトの性器を触りだし、お絞で拭いてまた始めるのでした。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました