K・小室に学ぶ臨機応変にキャラを変えるヤリ方!

今何かと話題になっているK・小室氏…。

彼の恋愛に関する行動に関しては、非難するだけでなく学ぶところも多々あります…

2012年にICU(国際基督教大学)の留学説明会でM子さまと出会い、まもなく交際に発展。翌年には学生ながらすでにプロポーズをしていたという大胆さと疾走感を併せ持っていたK・小室。

ターゲットを捕捉したら迅速に行動し、撃沈させてしまうというまさにヤリ目男子のお手本ともいうべき行動力ですね(笑)。

それでは、そのヤリ目的行動に関して紹介していきましょう!

相手に合わせてキャラ変更はお手物もの

「海の王子」時代…

大学1年のころには、神奈川県の藤沢市観光協会が主催する『湘南江ノ島海の王子』にも就任するなど、爽やかな好青年というのが第一印象でした。(皇室担当記者)

「インターナショナルスクール出身だからなのか、フランクで親しみやすい方でした。丸2日間、立ちっぱなしでパンフレットを配るのはつらいのですが、彼は笑顔を絶やさず、たまに冗談を言ったりして場を和ませていましたね」(週刊女性)

しかしながら、こんな写真も…

まさに…ヤリ目のチャラ男。
M子様と知り合う前は、チャラ男全開で遊んでいたようですネ。

別にこれが悪いと言っている訳ではありません。若いので当然とも言えます。

M子様との交際スタート後

交際をスタートさせてまもなくの同年9月、M子様は交換留学生として英国のエディンバラ大学へ。

その時のM子様の発言

「毎晩のようにクラブに出かけて部屋や共有スペースでパーティーをしているような人が多かった。私は盛り上がって楽しむのも好きだが、基本的にゆっくりお茶を飲みながらおしゃべりをするほうが好きだったので、そこからして合わなかった」(『女性自身』2013年10月29日号)

この時はすでに交際はスタートしていたので…

既にこの時「K・小室は“ゆっくりお茶を飲みながら喋る人”である」というキャラクターになっていました。

クラブでチャラさ全開だったのが翌年から急に真面目になるというのもありですが、この手の平返し的キャラ変更には学ぶものがあります(笑)。

サラリーマン時代

K・小室は大学卒業後『三菱東京UFJ銀行』に入行し、2年弱勤務しています。

そしてその時のキャラは、プライベートを語らないだけでなく、「目も合わせない」「喋らない」レベルまで徹底した陰キャラになってました。

M子様デートと母親ディナー

デート着もユニクロで、大学の学食では激安カレーを選ばれる庶民感覚の強いM子様。

そのM子様とのデートでのお気に入りの店は『スシロー』で、2人で3000円ほどの会計で済ませていたかと思えば…

自分の母親との食事は、ウェスティンHの『龍天門』(ディナーのコースはひとり1万円~3万円)という感じ。

相手に合わせてキャラ変するK・小室

さすがですね。ターゲットを捕捉したとたんのキャラ変。

そして捕捉したターゲットを落とすためには全力を尽くし、世間体も気にしない。

もう素晴らしいの一言です。見上げたものです。

後もう少しで「上がり」です。逆玉になってしまえば後は何言われても関係ありません。
このあたりの神経の図太さがないと、今の世の中上がれないんですね。

女性を落としたいならキャラ変は必要!

あなたが、もしマッチングアプリや出会い系サイトで好みの女性を見つけたら…

その女性のプロフィールを熟読することが必要です。
その書いてあるプロフィールに必ずヒントになる文章があるはずです。

そして、その女性の好みのタイプが分かったら…
自分と違うキャラだったとしても落ち込む必要はありません。

K・小室を真似てすぐにキャラ変更しましょう!

自分のプロフィールもお目当ての女性のタイプになる様に書き換えましょう( ´∀` )。

喫煙者お断りだったとしたら、すぐに禁煙しましょう。

犬好きだったとしても彼女が猫好きだったら、すぐに猫好きになりましょう。

K・小室を師と仰いでそのキャラを貫き通しましょう。

「上がった」後は、あなたにお任せしますが、「上がる」前まではとにかくその女性の好むキャラになりきりことが必要です。

 

タイトルとURLをコピーしました