不義密通は、蜜の味?あなたも味わってみませんか!

「不義密通」…、江戸時代では男女とも「死刑」。

不義密通はもちろん、婚前交渉ですら奉行所で一旦裁きにかかると死刑や追放といった厳しい刑罰が待っていたそうです。

密通は鎌倉・室町時代には「密懐(みっかい)」とよばれ、江戸時代には「密通」、明治時代から昭和にかけては「姦通」といわれたそうです。

まあ昔から…こればっかりはしょうがなかったんでしょうネ。(笑)

それに比べたら現代の不倫は、アマアマですネ。

芸能人や有名人だと、マスコミによって「市中引き回し」の辱めを受けますが…

 

W不倫も当たり前の時代

SNSの流行もあって、かつての同級生や元恋人と再会するチャンスも増えています。会ってみると、若かった頃の自分に戻れるし、同世代だから話も合う。こうして、W不倫が増えていったとも言えます。

それに、テレビドラマや映画でW不倫が取り上げられることも多く…それを見ている女性側にも抵抗が少なくなってきているのも一因だと思われます。

 

隣の芝生は青く見える…

隣の芝生が青くみえるのと同じで…

他人の奥さんや彼女はキレイに見えます!

これは、もうどうしようもありません。

どうしても欲しいと思ったらちょっかいを出してみるしかありませんネ。

 

人妻や人の彼女に興奮する理由は?

男性が人妻や人の彼女に興奮する理由は、それが男の、いやオスの本能だからです。

ペニスには「カリ」と呼ばれる返しがついていますよね?

カリの役割は、女性とセックスをするときに、その女性と自分より前にセックスをした男性の精子を膣内から掻き出すためだといわれています。(笑)(笑)

オスの本能の他にも、他人の物を奪うというやってはいけないことをする背徳感がやみつきになるという理由もあります。

そのタブーを犯して人妻や人の彼女とセックスをするという行為自体に快感が生じるのです。

 

蜜の味はどうやって味わえるのか?

蜜の味を味わいたい…

でもあまり身近なところでそういった行動を起こすと大変なことになってしまいます。

友達はいなくなり…、周りからは冷たい目でみられてしまいます。

せっかく蜜の味を味わえたのにこれでは、どうしようもありませんね。

 

ネバーギブアップ、あきらめるにはまだ早い!

いやいや…あきらめるのは早いです。

あるんです。自分の身の回りとは違う別のロケーションでまったく知らない人妻や人の彼女をゲットする方法が…!

 

最強の出会いの場はココ!

大人の関係を求める女性は沢山います。

そして結婚はしたもののセックスレスで欲求不満の女性もワンサカいます。

そんな女性が秘かに活用しているのが、出会い系アプリなんです。

マッチングアプリでは、既婚者NGなので欲求不満な主婦は「出会い系アプリ」を使っているんです。

しかも、匿名が可。写真なしでも登録できるというメリットを最大限に活用しているのがネトラレたがっている女性なんです。

いかがですか?ちょっと面白くなってきたでしょ!

 

「不義密通」可。の出会い系アプリ

不義密通、不倫、浮気なんでもこい!の出会い系のアプリでお勧めなのが…

「ハッピーメール」「ワクワクメール」です。

この2つのアプリは会員数も多く、全国各地にネトラレたがっている女性が登録しています。

それに、運営年数も長いので女性が安心して登録できるんです。

もちろん、匿名で写真なしでも簡単に登録できることから、顔バレしたくない人妻層に大人気なんです。しかも無料なので。

男性も登録無料です。ハッピーメールもワクワクメールも初回は「1200円」分のポイントがもらえるので、そのポイントだけで蜜の味が味わえます。

 

「不義密通は蜜の味」たとえばこんな感じ

私には、不倫関係になって4年経つ彼がいます。お互い既婚者同士、いわゆるW不倫という関係です。
先日、その彼に会うために東京に行ってきた時の話です。

私は、34歳の主婦兼派遣社員です。子供はいません。同い年の彼は元々派遣先の企業の人でした。
彼は仕事がバリバリできる人というイメージで、とても優しくて頼れる憧れのカッコイイ人。

ちなみに9歳年上の主人は旅行代理店で添乗員をやっていますが、元々収入が少ないのに、コロナ禍で追い打ちをかけられ生活環境は不安定。それでも賭け事が大好きで浪費癖があり、夫婦関係は悪化しています。

そんな主人は典型的な亭主関白で、結婚10年目になりますが、性生活は今ではほとんどなく、年に数回、求められることはありますが、嫌々ながら一方的に射精されてすぐ終わるような感じで、とても虚しい気分になります。

一方、彼とは、付き合ってから最初の3年間は私が生理の時以外は、週2~3回セックスをする関係。
実際何回したかわからないくらい彼とのセックスに嵌っていました。

恐らく主人とのセックスよりも彼との方が、回数も時間も多いことは間違いないです。
彼とはセックスの相性がとても良くて、全然飽きないどころか夢中になっています。

こんな気持ちにさせてくれるのは彼だけで、自分でもこれほど性に貪欲になるなんて思いもしませんでした。

でもそんな彼も1年前に東京の本部へ異動に。新幹線で1時間もかからない距離ですが、既婚者同士、自由に会うことは難しいです。

それならにいっそのこと別れてしまおうかと思いましたが、どうしても諦めきれずに今も続いています。

幸いにも彼も私とは別れたくはないと言ってくれて、「必ず会いに行くから」と言ってくれました。
でも言葉とは裏腹にコロナ禍の影響で、結局、会うことが叶わず寂しい思いで1年が過ぎました。

そんな中、東京に住む兄夫婦から連絡があり、用事で東京に行く機会がありました。

私は、兄夫婦にはその日は泊めて欲しいと頼み、彼にも連絡して会えるよう時間を調整してもらいました。

主人には「兄妹会議で遅くなるかもしれないので兄のところに泊まるかもしれない」と伝えています。

当日、少し早く仕事を切り上げてくれた彼は、東京駅まで迎えに来てもらいました。
久しぶりに再会した彼はいかにも「東京のビジネスマン」。スーツ姿に改めて惚れ直してしまいました。

私たちは、再会を喜びつつタクシーに乗り、彼が予約してくれたレストランへ。

そこは高層ビルの最上階にあるレストランで、テーブルから東京の夜景が一望できます。
これまでの人生でこんなお洒落で豪華な雰囲気のレストランに来たことがありません。

次々と出される料理も美味しく、会話も弾み、これまで会えなかった時間を取り戻す様に語り合いました。

最大のサプライズは、バースデープレートが出てきたことです。
彼は「遅くなってごめん。先週誕生日だったよね」と言い、綺麗に包装された小箱を渡してくれました。

それは誕生日プレゼントで、開けてみると私がずっと欲しがっていたアクセサリーでした。
でも私は、こんな高価なプレゼントは私には分不相応ではないかと彼に言いましたが、彼は「自分なりに君の価値は知っているつもりだよ。」と言われ、嬉しくて涙が溢れてしまいました。

そんな私を彼は優しく手を握ってくれて、本当にこのままずっと彼と一緒にいたいと強く願いました。
主人からは誕生日なんて結婚してから、まともに祝ってもらったことはありません。

時間が経つのは早く、時間は8時です。緊急事態宣言中ということもあり、店の閉店時間になりました。

私は少しでも多く一緒にいたいし、話の続きもしたいと言い、お台場の方にある公園に向かいました。
公園では腕を組み、海風にあたりながら、東京湾から見る東京の夜景も特別でした。まさに理想のデート。

埠頭が見える公園の奥まで来ると人影も少なく、時折、ジョギングをする人がいるくらいで、ほとんどいません。

私たちは公園の奥まったところのベンチに座り、夜景を見ながらしばらく話をしていたのですが、私は彼の横顔を眺めながら、「キスをしたい!」という衝動にかられ、思わずキスを求めてしまいました。彼も黙って、私を見つめて優しく肩を抱き寄せると、ゆっくりキスを。1年ぶりのキスです。

相変わらずキスが上手い人。このキスをどれだけ待ち焦がれていたことでしょうか。
優しく、激しく、離したりと、緩急をつけてくるキスも彼の上手さです。

次第に私たちは、お互いむさぼるように舌を絡める激しいディープキスを交わしました。
彼とのキスほど甘美な快感に包まれるようなキスは、経験したことがありません。

また彼は髪の毛を撫でたり耳のラインをなぞったり、頬を手のひらで優しく包み込むように触れてくれるのです。

私は頬を上気させ、目をとろんとなり、やがて心臓の鼓動が早くなって体が熱を帯びてくるのがわかります。

こうなると、私のエッチなスイッチが入り、もう止められません。アソコも疼いてしまい、あっというまに湿っていくのがわかります。

私は彼にもっと近づこうと体を寄せ、彼の脚の付け根に手を乗せたところ、ズボンの上からもわかるくらい、オチンチンがはち切れんばかりに大きく硬くなってくるのがわかりました。

嬉しくなった私は、指先でオチンチンの形にそって優しくツーッとなぞるようにズボンの上から触れ、
そのまま指と手の平を使ってズボンの上から外側から揉み解すように丁寧にまさぐりました。

彼も最初は私の服の上から胸を触っていましたが、私が興奮して、エッチモードになっているのがわかるとワンピースのフロントボタンを上から一つ、二つと外していき、緩んだ胸元から背中に手をすっと差し込むと、親指と人差し指だけでブラのホックを器用に外し、ずり下げられたブラから直接、手で包み込むような感じでおっぱいを弄んできます。

そして彼は、「胸、また大きくなったんじゃない?本当に形いいよね。あれ?先っぽ固くなっちゃった…?」と。

彼は人差し指と親指で乳首をきゅっきゅっと触ってきます。
私も「やっ、そんなこと、言わないで。それにそんな風に触られたら固くならないわけないでしょ!」
そんな会話をしていたら、凄く感じてきちゃって、それだけで逝ってしまうような気持ちになりました。
私も彼のズボンのベルト緩め、ファスナーを下して下着の中に手を入れ、固くなったオチンチンを握ると、見えなくてもしっかりとその大きさがわかりますし、先端は、かすかにガマン汁が滴っていました。

今度は私が彼のオチンチンを弄ぶように、指先や指の腹などを使って愛撫し、彼も我慢できず声を漏らします。
暗がりの中でも私の愛撫で感じてくれているのがわかると嬉しくなりました。

彼はおっぱいを散々弄んだあと、今度は手をそっとワンピースの残りのボタンを外しにかかり、開けたワンピースの合間から手をいれて、内腿をそっと柔らかく擦ってきたのでした。

そんな彼の焦らすような触れ方が気持ち良すぎて、つい吐息が漏れてしまいます。
パンティーの上から撫でられた時「もうこんなに濡れてる…。これなら余裕で指入っちゃうね」と言われ、布越しに敏感な部分を愛撫してきます。

するとグジュッ…と潮が溢れる感覚がして、もう濡れ濡れでした。
そのうち彼は私の紐パンティーの紐をほどいて剥ぎ取ってしまうと、今度は指でアソコの入り口を掻き回すとさらにクチュ・・・クチュ・・・と卑猥な音をさせてきます。

「はぁ・・・ん ぁあ・・・あぁ・・・すごい・・・感じる。」
ずっと触って欲しくてたまらなかった私は、ため息のような声を出してしまいました。

彼は親指で皮を剥き、濡れたアソコに人差し指で円を描くように愛撫しながら、中指は、割れ目に沿ってゆっくり動き、アソコの穴に入るか入らないかのところでまた上に上がって・・・・

もう全身ヒクヒクです。

彼の愛撫に身を任せているとクチュッと音を立て、簡単に彼の指を呑み込んでしまいました。
「んぅっんん!うっやっあっぁん」やっぱり 気持ちよくて、すごく熱くて…声が押さえられません。

「あっあっ!んっ、あっあっ!」っていう自分の声がやけに遠くに聞こえました。
同時に彼は、私の汗をすするように、額から首筋にかけて、鎖骨に至るまで柔らかい唇と舌で愛撫してくれます。

私は心の中で「早く入れて欲しいの」と叫びたいのですが、でも少しの理性からこんな場所では頼めない・・・
私たちはこれまで地元の森や湖畔といったところで、野外セックスをしたことがあります。

でも今、私がいるのは東京です。そう考えると一瞬躊躇することも頭によぎりました。
でも最終的に我慢できなくて欲しくて、欲しくてたまらず、
「ぁっぁっ はぁっ あんっ・・・もう入れて欲しいの・・・」とせがんでしまいました。

私たちが座っているベンチは、遊歩道の脇の木陰にあって、人目は避けられるかもしれません。
でも完全に視線をさえぎるものはありません。
「もっと奥へ行った方がいいかも、ここは多少なりとも人目に付くね」と彼は言い、
周囲を見渡したところ、もう少し奥に行くと、公園の端とコンテナヤードの柵との間にある木陰と茂みを見つけ、そこならばと・・・私たちは乱れた服装を整え、奥まで移動しました。

そこは確かに人気がないところでしたが、心のどこかで誰かに見られて欲しいという気持ちもありました。

私は木にもたれ掛かるように立ち、彼と抱き合いながらディープキスをしました。
彼はキスをしながら、ワンピースの隙間から手を入れて再びアソコを愛撫してきます。

先ほどから十分に愛撫されていたこともあり、太ももの内側はビショビショになっていました。
私は茂みの高さまでしゃがむと、彼のズボンと下着を下し、あらわになった彼のオチンチンを一瞥。

暗がりでもその大きさはよくわかります。
私は、「相変わらず長くて根元が凄く太いな」って思いながらオチンチンにキスをし、舌でペロペロと
優しく舐めました。

そしてカリ首を舌でなぞるように、裏筋に沿って舌を上下に動かし、玉を手で愛撫しながら、オチンチンを口に咥え、ゆっくりと頭を動かすと口の中でさらに固く大きくなるのがわかります。

私はオチンチンの根元を左手で掴みながら、と唇を使い丁寧に愛撫し、口から一度抜いて、また咥え、
今度は激しく愛撫・・・・としばらくフェラを楽しみました。

彼のオチンチンの先から、ぬらぬらと液がでてきましたが、さらにカリの部分まで入れ、上下に口を動かします。

小さく呻くのが嬉しくて、鼻や顎に自分の唾液が付くのも気になりませんでした。
今度は我慢できなくなった彼が、「もう入れたい」と言ってくれました。

私たちは求め合う気持ちが抑えきれず、焦燥感から場所を選ばず「早く一つになりたい!」という気持ちから私は、ワンピースのフロントボタンを全て外して開けると、対面立位の体位で彼を迎えます。

そしてお互いに顔を見つめ合うとキスをしてギュッと抱きしめ合いながら、密着度を高めます。
ハグやキスをしながらのセックスは、お互いの愛情を実感しやすい体位で、大好きです。

私は立った状態で足を開き、腰を軽く前に突き出すと、彼も私の腰を押さえながら、膣の下から斜め前に向けて、大きなオチンチンをアソコに挿入してきます。

ズン、とオチンチンが私の中に入ってきた時、
私は「あ!大きい! 硬い!こんなに凄かったっけ!?ちょっと痛いかも!?」と思いつつも、
アソコは、既にグショグショになっており、股に垂れるほど溢れて出ていたので、直ぐに馴染んできました。

少しずつ、じわじわと私のアソコに入ってくる彼のオチンチンの圧迫感は格別です。

私の中でピクッと動くオチンチンが体全体に伝わると、愛おしさで精神が爆発してしまいそうです。

そして膣のヒダヒダは、オチンチンを包み込むようにヌルヌルしたいやらしい体液で絡みついてきます。

あまりの気持ち良さに涙目になっている私を見た彼は、「可愛い。好きだよ…」といいながら、
彼は緩急をつけながらパンパンパンと突いてくるのです。

私も彼の首に手を回して、彼のピストンに合わせるように、もっと密着させようと腰を動かします。
さらに彼も私のお尻の肉を掴んで引き寄せ、より深く私のアソコの中に入れようとしてきます。

それは意識が飛びそうになるくらい気持ち良くて、私は何も考えられないくらいの放心状態になりました。

そしてそのまま頭の先まで痺れるような快感が身体の中を突き抜け、一気に私は昇りつめたのでした。
やはり彼のオチンチンは主人のモノとは全てにおいて規格が違います。大好きです。

私は彼の耳元で「もっと突いて欲しい!」と囁き、彼は無言で私の片足の太ももを掴むと持ち上げ、
上を向いたオチンチンを私のアソコの入り口にあてがい、再び下から刺すように挿入します。

私は彼の首に手を回し、軽くぶら下がったような感じになり、上下両方の力が加わったことで、全体重が私たちの結合部分に集中し、さらに私の中に奥深くにオチンチンが入ってくるのがわかります。

私はあまりの気持ち良さで、彼をしっかり抱きしめつつ、舌を絡めるようにキスを求めます。
彼もうっとりするようなディープキスから、私の耳珠付近や首筋、肩、乳首とゆっくりじらすように唇を這わせてくるので、キスだけでもかなり感じてしまいました。

そして彼は両手で私のお尻を押さえつけるように掴むと、さらに激しくピストンをしてきます。
片足を上げた状態なので、結合部分が見え興奮度も高いのですが、ピストンでお互いの体がくっついたり、離れたりするたびに、糸を引くようにベトベトになった私たちの体液が毛に絡みつくので、より一層いやらしさが増します。

私は「あぁまたイキそうよ。もっと突いて。気持ちイイ。オマンコがぬるぬるして気持ちいい」といい
そして「あぁ気持ちいい。もっと、もっと」と自分で腰を振り、膣内を締め付けます。

オチンチンは私の中をグチュグチュ音立てながらかき回すようにGスポットを刺激してくるので、アソコから体液がどんどん溢れてくるのもわかります。

また誰かに見られるかもしれない恥ずかしさと気持ち良さもあり、これ以上ないほど興奮していました。
ついには「もうだめ、イキそう」と言うと再び絶頂を迎えてしまいました。

私は快感のあまり放心状態になりながらも、今度はバックで入れて欲しいと彼に頼みました。

私は彼に背中を向けて、木に手を付くと、お尻を突き出しました。
彼はワンピースのスカートを捲り上げると、あらわになった私のお尻めがけてグチョグチョになったアソコに再びオチンチンを挿入してきたのでした。

そして彼は後ろから激しく突き上げながら、手はオッパイをわしつかみして、ぐいぐい押し込んできます。
私は「あぁつ、気持ちいい!やめないで!いいぃ~もっとぉ~・・・もっと、奥まで入れてぇ~」と身悶えし、お互いパンパンとぶつけ合うように突き合いながらも、手をついた木の向こうには、東京湾の夜景が見えます。

人気のいない夜の公園とは言え、外で東京の夜景を見ながら、バックで突かれている私・・・

街灯に照らされたコンテナヤードでは、貨物船から荷下ろしされたコンテナが運ばれています。
私たちはなんてところでセックスをしているのだろう・・・それに誰に見られているかわかりません。
そんな刺激的なシチュエーションは今まで無いな~と思いながら、ますます興奮している自分がいます。

そのまま「はぁんっあっあああん あんっあんっ ぁあっ・・もっと突いて!」と私は言うと、そこからは頭が真っ白になるくらいガンガンに突かれて、さらに奥深く突き上げられることで、快感が凄まじすぎて興奮して何度も大声をだしそうになり、でも何とか堪えることができました。

最後は、私は「あぁぁあ!いやぁーぁ、、、!!もう無理、、あぁっ、あん、、」と言い、絶頂に達しました。
彼も「ごめん、いくよ!」というと、私の中からオチンチンを抜いて外に大量の精液を射精したのでした。
彼は私の腰を掴んでいた手を離すと、私はバランスを失い、フラフラっとしながら木に掴まったものの、快感に波に溺れすぎてまともに立っているのもやっとでした。

私たちは興奮しながらも、落ち着きを取り戻し、呼吸を整えた私は、彼の足元にひざまづいて、
射精し終わったオチンチンをお掃除フェラしてあげました。

その後、私たちは再び身なりを整え、スーツもワンピースも少し汚れてしまいましたが、
何事も無かったように装いつつ、夜景がよく見える海岸線の柵のところまで来ると、
彼は「今日は会えて良かったよ。」と言い、そして何度もキスをしてくれて、
「可愛かったよ」と笑顔で言われながら、ギュッと抱きしめてくれた彼。

彼のその優しさが私を幸せな気持ちしてくれるので、自然と涙が出てしまいました。
私たちは、緊急事態宣言が明けたら再会することを約束したのでした。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました